FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 北京オリンピックが終わりました。

 スポーツの勝ち負けは見ればわかるのがいいのでしょうか。だからルールがよくわからなくても興奮できます。将棋は見ただけではわかりませんね。勝ったほうがガッツポーズをするわけでもないですし、どうしても一定の理解が求められます。

 「判定」という完全に客観的にはなりえないものが介在するスポーツもあります。その判定に対して、競っている選手たちや観客が不満を抱くことも多々ありますが、そういったことも含んでその競技が成り立っているのですから仕方がありません。ところが、将棋にはほぼそのようなものはなく(少しはあるでしょう、持ち時間が切れたとか、「待った」ではないかとか、などの判定)、勝ちも負けも本人が背負うべきものです。

 将棋のこういった特質が勝負をより厳しく、喜びをより深くしているのではないでしょうか。だからこそ将棋は面白いと、私には思えます。

 皆さんはどう思われますか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dzuredzure.blog108.fc2.com/tb.php/259-dabdd42d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。