FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日行われた第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負第一局は先手の羽生善治名人が細い攻めをうまくつなげて勝ち、竜王挑戦まであと1勝としました。

 戦型は相矢倉で、途中まで先日の王位戦第五局と同じ進行。しかも、その将棋を今日の囲碁・将棋ジャーナルで解説するのが、深浦王位と同じく後手番だった木村一基八段といいます。今日のジャーナルは、いくつかの意味で注目ということになりますね。

 羽生名人の攻めをつないでいくのも見事でしたが、木村八段の粘りの受けも見事でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dzuredzure.blog108.fc2.com/tb.php/265-7a30a9fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。