上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 将棋の第67期名人戦七番勝負第六局、羽生善治名人対郷田真隆九段の一戦は、既報の通り、羽生名人が勝って対戦成績を3勝3敗の五分に戻した。名人位のゆくえは最終局に持ち越されることとなった。

 てっきり相矢倉になるかと思っていたら、郷田九段の戦型は陽動振り飛車。一昨年の名人戦、森内名人(当時)に対して2勝と対戦成績をリードした後の第3局で、郷田九段は飛車を振った。そのことを思い出した。その時、三手目7五歩に「郷田が飛車を振るんだ」と驚いたが、今回の作戦にも驚いた。もっとも本人には理由があって指しているに違いない。「気分を変えてみたかった」というのが郷田九段本人による今回の陽動振り飛車採用の説明なのだが、そんな単純なことではあるまい。

 だが、最終局はこれで一層面白くなった。改めて振り駒が行われる最終局、両者はどんな戦型を選ぶのだろうか。いずれにしろ、好勝負は必至だ。見事な手順で郷田玉を詰ませた羽生名人も気分よく最終局に臨めるだろうし、終盤追い上げた郷田九段も満足は市内までも納得のいく勝負だったろうから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dzuredzure.blog108.fc2.com/tb.php/330-d185a733
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。