FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 将棋の第58期王座戦一次予選一回戦の、女流棋士一斉対局が、今年も行われ、この一斉対局では初めて、女流棋士が一勝を挙げた。LPSA所属の石橋幸緒女流王位である。奔放な序盤から優勢に進め、最後は見事、相手の田中悠一四段の玉を即詰みに討ち取った。

 王座戦の持ち時間は5時間である。一般に持ち時間が長い方が実力差が出やすいとされ、女流棋士が男性棋士に勝つのは難しいらしい。持ち時間が長ければ、体力も勝負には重要な要素となる。そういう棋戦で、石橋女流王位が勝利したことは素晴らしい。

 ところで、将棋王座戦中継サイトを見て気づいたのだが、対局開始が午前9時になっている。通常、タイトル戦は9時開始だが、その他の場合は10時である。なぜ9時であったかは分からないが、順位戦などでもぜひ9時にしてほしい。そうすれば、最後まで見ていても翌日に支障が出にくい人が多いのではないか、と思うからである。王座戦の一次予選でできたことが、順位戦でできないことはないだろう。もっとも長年の習慣であるから、棋士の間ではそういう可能性について考えられることはほとんどないだろうけれど。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dzuredzure.blog108.fc2.com/tb.php/339-c6bbdb9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。